PILとWindows 7 64bit版

デジカメで撮った写真をプログラムからいじりたいなー、と思い立ちPython用画像処理ライブラリのPIL(Python Imaging Library)をインストールしてみた。

インストール自体は滞りなく進んだのだけれど、いざ使ってみようとするとPILの一番基本的な処理である画像の表示関数がうまく動いていないらしく画像が表示されない(正常に動作するとWindowsの場合、標準のビューアが起動して画像が表示される)。
で、ちょっと調べてみたところ、Windows 7 64bit版でそのまま使おうとすると、一部のdllの呼び出しが失敗してうまく動かないらしい

ただ、64bitOS用にコンパイルされたライブラリを配布してる人もいるようで、これを使えばOKとのこと。
…だったのだかインストーラを実行すると、
“Python version 2.7 required, which was not found in registry.”とエラーが出てきて、インストールできない。。

さらに問題のdllを書き換える対処方も探して、ココ
参考に試してみたけどダメだった。

これを機にVMware PLayer上のUbuntuに開発環境を移行すべきか。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です